出会い縁結び:播磨婚活事情/4 ビジネス /兵庫 [裏DVD]

◇素敵な店探しも同時に
 「他人のお世話してる場合ではないんですー。婚活中の裏DVD私が参加したいくらい」。先月21日夜、姫路市の繁華街で20~30歳代の男女計60人が参加して開かれた日本サプライズ社(神戸市中央区)企画のカップリングパーティー。孤立しそうな参加者はいないか、目配りしていた女性スタッフ(29)の声だ。
 こうした専門サービスを使って出会いを求める男女は、経産省の「少子化時代の結婚関連産業の在り方に関する調査研究報告書」(06年)によると60万人。市場規模は500億~600億円とみられ、全国で3700~3900の事業所があるとされる。
 恋工房のブランドで「年2000本のパーティーを打つ」同社は創業18年。結婚斡旋(あっせん)業もしており、県内業界では既に老舗である。田井敏之社長(43)は「成婚まで考えると、市場規模は2兆円くらいになるのでは」とみる。一方、「契約トラブルが生じないよう、安心してご利用いただける業種にしていきたい」とも。
 業界では、同省の指針を受け07年に設立されたNPO法人日本ライフデザインカウンセラー協会(東京都中央区)による、いわゆる自律制度を設けている。サービスや広告、契約、個人情報保護などを審査し、適切性のある業者を示すCMSというマル適マークの使用を許可する仕組みだ。利用の際の目安になるだろう。
 ちなみに同夜のカップリングは6組。カップルになった看護師(26)は「自然な出会いがないし、やっぱり合コンかなと思って。あまり硬い婚活もいやなので」と話していた。
 男女の出会いに加え、地域活性化を狙った婚活イベントもある。今月29日、姫路市の商店街を舞台に大規模合コン「姫コン」が初めて開かれる。会場に指定された店で交流する「街コン」の一つ。店側には新しい客を開拓できるメリットがある。全国各地で開かれており、参加者2000人を超す例もある。
 運営するのは、“ブライダル都市”高砂市にある企画会社BATSUGUN(バツグン)。協力店は飲食業を中心に十数店を予定。40歳代までの男女計300人の参加を見込んでいる。
 同社常務の岸建介さん(37)は「出会いと素敵(すてき)なお店探しを同時に体験していただけるはず。県外からの参加者もいるし、お店にとってはリピーターにつながりやすい。年に数回開きたい」。協力店でJR姫路駅前の居酒屋「吾衛ん屋」の料理長、瀧川征児さん(31)も「新しいお客様との出会いが楽しみ。うちで盛り上がって下さい」と存分に腕をふるう意気込みだ。【高橋一隆】
〔播磨・姫路版〕

1月5日朝刊


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます